キャリアコンサルタント面接試験対策はどうした?私の経験談

こんにちは!第5回キャリアコンサルタント資格試験で合試験に1発合格し、現在はキャリアコンサルタントとして楽しく活動しているまほと申します。

現在は、1歳の娘を育てる母親業の傍ら、ココナラ等で相談を受け付けたり、女性のキャリア支援のイベントに出たり、キャリアコンサルタントの資格を使って、自分がやりたかった活動に取り組んでいます。

今日は、これからキャリコン試験を受けるという方によく聞かれる、「養成講座終了後の実技面接試験の対策ってどうやってましたか? 」という質問に対する回答として、

私がキャリアコンサルタント国家資格試験の受験前に行った実技面接試験(ロープレ)の練習方法をお話ししてみようかと思います。

あくまで一つの意見ではありますが、これから試験を受ける方の参考になれば幸いです。

この記事のもくじ
❶なぜクラス終了後も、継続的に面接対策の勉強をするべきだと思うのか?
1-1実技試験の費用は29,990円と高い。なるべく1発合格したい話。
1-2講座後、数ヶ月。ポイントを忘れてしまわないためには、継続的に勉強しておくことが大切。

❷講座受講後かかる+αの費用等、覚悟するべきことについて。
2-1自主勉強会の場合、メンバーの確保と場所探し&場所代が必要。
2-2何万円もするエキストラ講座を受けるべきか否か。→探せば、3000円〜単発講座も。

❸講師によっては、自信をなくして逆効果になることも!自分に合う講師を選ぶこと。

❹講座終了後、全くの費用をかけずに独学で試験対策はやっていけるのか?
4-1身近に、気軽に試験について聞けるホルダーさんがいる環境にある人
4-2そもそも普段求職者対応を行なっており、講座内でコツを掴めた!という人

❺私の意見のまとめ

なぜ養成講座終了後も継続的に面接試験対策の勉強をするべきだと思うのか?

まず最初に、「なぜ養成講座終了後も継続的に面接試験の対策の勉強が必要だといえるのか?」について一言で回答すると、「養成講座を400時間を終了しただけで面接試験対策は万全とは言えない。」からです。

私自身、試験を迎えるまでの数ヶ月で何か対策を打たないとまずいなぁと感じていました。

実際、一緒にクラスを受講していたメンバーの多くも「実技面接の練習のやり方がわからない。」

「講座が終わってしまってから、数ヶ月の間どうやって勉強すればいいのかわからない。」

「講座とは別に、更に数万円払って実技対策の講座を受けるべきなのかな?」と、終了早々焦っていました。

通常、通学講座が終了して試験までには数ヶ月間時間の猶予がありますが、この期間、面接対策を何もせずに過ごしてはせっかく講座で学んだカンが鈍ってしまいます。

そのため、学校を卒業したら、なるべく自主練習の機会を自分で作りながら本番に向けて走る必要があります。

面接実技試験の試験費用が高いので、できれば1発合格したいよね。

なにより、面接実技試験の試験費用は29,990円と高いですよね。
なるべく継続的に勉強できる環境を整え、1回で合格できるよう練習に取り組めるといいなあ、とだれもが感じると思います。

養成講座受講後の勉強方法&+αで覚悟するべき費用等について。

では、どうやって継続的に勉強出来る環境を作れば良いのでしょうか?

1番費用がかからず簡単に取り組める方法としては、講座内で知り合ったメンバーと共に自主勉強会結成して継続的に勉強する機会を持つことが有効です。

大抵の場合、10回〜の講座を通して、自然とクラスのメンバー同士仲良くなれる事が多いはず。

実際、私がすべての講座を修了した頃には、クラスメイトとも顔見知りになり、だれとでも話しやすい雰囲気になっていました。

その中でも、リーダー的な存在のメンバーが中心となって、自然と勉強会を結成していったように感じます。

ただし、自主的な勉強会には限界もあると言う事も頭に入れておくべきです。

なぜならば、クラスの雰囲気やその時々のメンバーの忙しさによっては、メンバーの確保・場所探しがうまくいかない事になり、練習するはずだった日に練習ができないことが起こるからです。

例えば、仕事が忙しいメンバーが多いクラスの場合は、メンバー同士集まれる日程が合わずに、会の開催が思うように出来ない場合もありました。

また、参加できる人数が多すぎる場合も会議室の確保に苦労し、思うように集合出来ない場合も経験しました。

他には、練習開催日当日に欠席者が重なり、予定していたレンタル会議室の費用をどうやって人数割りするのか等で揉めたり、

「有資格者が来る勉強会には参加したいが、無資格者同士で集まる勉強会には参加したくない。」等意見が対立するなど、

自主勉強会はメンバーのモチベーションによって、勉強会事態が左右される可能性もあります。

そのため、自身のクラスの勉強会が合わないかもしれないなあ…。と感じるときには、他のクラスの自主的な勉強会に参加させてもらえるか交渉するなど、自分のクラスだけではない、ほかのクラスへの連絡手段をどうにかして構築しておくと安心です。

他クラスの方とつながる方法としては、振替に来ていた・あるいは、自分が振り替えた先のクラスのメンバーさんとなるべく連絡先を交換し、情報交換ができる間柄になっておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

追加費用をかけて、+α講座を受けるべきか?について。

次に、どうしてもうまく無料の勉強会が開催できない・参加できない場合。

確実に勉強会に参加する方法として、キャリアコンサルティングに関わる団体主催の面接対策講座を追加で受講する方法があります。

主催団体によって受講費用に幅があるため、一概にこれを受けるべき!とは言えませんが、余裕があれば+αの講座を受講することを検討しても良いと思います。

私自身、大きな団体の4〜5万近くする追加講座を受けられる金銭的な余裕がなかったので、なるべく、費用を抑えられる単発の講座を中心に受けていました。

また、幸いなことに仲良くして頂いていたメンバーさんの友人の方に有資格者の方がいらっしゃったので、その方が練習する日に一緒に参加させてもらって、勉強の機会を頂きました。

有料講座は、おおよそ1回あたり3000円〜。個別になると、数万円の講座が多かったです。

探したところ、時間的な余裕がない場合にはスカイプで有資格者に個人的にロープレ練習を見てもらえるネットの講座もありました。

私が受験していた時代は、まだ試験自体が5回目と若い時代だったので、なかなか個人のキャリアコンサルタント有資格者の方にアプローチできる機会が少なかったのですが、2019年現在においてはココナラ等で有資格者の方にロープレをお願いできるというサービスも増えています。

私もココナラにてロープレ練習を出品しております。
ただ、1歳の子供がいるので、練習中に騒いでしまう可能性をふくめて格安で出品しています。
あたたかくご了承いただける方よかったらご検討ください。

キャリアコンサルタント試験のロープレ練習をします これからキャリアコンサルタントの資格試験を受けるむけて

結果的に、私自身は3ヶ月の間に
NPO法人主宰の3000円/1回の単発講座を2回(土曜日)
クラスの自主勉強会500円/1回場所代(土曜日)1回
仲良くなったメンバー2人と、2人の知人の有資格者の先生との自主勉強会1000円/1回場所代(水曜日)8回

計12回〜14500円の勉強会の機会を作れました。

担当する講師によっては自信をなくすことも!自分に合う先生をみつけよう。

最後に、講師の先生によっては、やはり人間同士ですので「合う・合わない」がでてきます。

メンバーの中には、面接対策講座であまりにコテンパンに指摘されすぎて、本番の試験を受けることすら悩むほど自信を失ってしまう人もいます。

しかし、本来キャリアコンサルティングを指導する講師なら相談者(受講者)を回復不能なほど滅多打ちにするのは、私個人的には大変疑問です…。

試験を突破するための講座を受けたはずなのに、逆効果になるなんて本末転倒以外何者でもありません。

なので、これから講座を受ける予定の受験者さんは100分の80指摘されたとしても、うまくいった20の部分を成長として前向きに受け止めて、あんまり自信を喪失するような講座ならば、少し距離をおいて、全く違う先生に学びに行くのも手です!

費用をかけずに独学で試験対策はやっていけるのか?

思うに、講座終了後全くの費用をかけずに対策ができると思われるのは、身近に試験について聞ける有資格者さんがいる環境にある人。

もしくは、そもそも求職者対応の経験があり、講座内でコツをつかめたぞ!という方かなと思います。

もちろん、家族に練習に付き合ってもらうとか、友人に相談者役をしてもらう事も大切です。

ただし、やはり試験にはコツがあるので…。有資格者の相談できる人が身近にいない方は、なるべく勉強会に参加して、練習する機会を増やせると良いと思います。

わたしの意見のまとめ

最後に、私が感じた試験に合格するために1番大事なことをお伝えします。

それはずばり、面接試験対策の場数をどれだけ踏んだか?が鍵になると思います!

忙しくて、なかなか時間が見つけられないかもしれません。すでにたくさんお金をかけて講座を受講したのに、またお金をかけて練習するの?という気持ちも痛いほどわかります。

しかし、講座を修了したら試験に合格するためにあと一歩なんです。
もう一踏ん張り、一緒にがんばりましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事