rawpixel / Pixabay

こんにちは、キャリアコンサルタントで転勤族の妻のまほです。
今日は、昨日予告した記事の続き。「目的を達成するための行動を起こそう!」について書いていきますね。

まず、前回の記事の中では。「ツールを使って検証」ということでリクネクのグッドポイント診断をご紹介しました。
皆さん、自分の良い点を確認することはできましたか?
この、自分の良い点を確認できたということは、本当にすごいことなのです。
なぜなら、自分の強みを知ることイコール自分の持つ価値を認識できた!ということにつながるからです。
ここからは、再度認識できた自分の強み&自分の価値をもとに。理想の自分に近づくために行動していくのみです。
・・・というより、すでにここまで読んでくださった方は。
「自分の力で自分の強みに気づく」「自分の持つ価値を知る」という大事なことを、ご自身の「行動」によって得られているわけで。
もうすでに、「理想」に着実に近づくための行動をしているんです。自信をもちましょう。

スポンサーリンク

前回のおさらい

ところで、ここに来るまで何度も繰り返してきたこと。それは、キャリアに悩んだ時に一番大事なことは、「なりたい自分」「こうありたい自分」をイメージし、その「理想」に近づけるように「自分の強み・価値」に気づくことだとお伝えしました。
キャリア理論の観点からお話をすると、人にはそれぞれ必ず「強み」があり、環境さえ整えば誰もが「成長」できる素質をもっています。

第1回の記事で、沢山書き出してもらった「嫌な事」「やりたくないこと」「辛いこと」をなるべく手放して。
自分が本当にやりたいことを達成するために、これからどう行動を起こせばよいのかについて一緒に考えてみましょう。

    1. 自分の位置を確認⇒済み
    2. 自分の理想を明確化⇒済み
    3. 道具(ツール)を使って検証
    4. 目的を達成するための行動を起こす⇒ここ!

行動するのが怖いのは、行動した後の未来が怖いから。だけど、それは普通の感情。

しかし、簡単に「行動」に移しましょう!なんて言われても、実際行動に移すのって本当に本当に難しいですよね。
気持ちの上では、やりたくない、いやだ、辛い、と思っていても。

「今すぐ辞めたら、○○な影響があるだろうな。」
「辛いけれど、我慢するべきだよね。」
「嫌だけど、仕方がないし…。」

なんてぐるぐると考えだすと、結局多くの人は「理想とは異なるけれど、やっぱり今のままでイイや。」と、
変化すること&行動に移すことをあきらめてしまいます。

これは、人間の脳みそが賢すぎて。行動した後の未来がどう変化するのかを想像しては、
いまいち見通しが立たないことを「怖い」「不安」と感じてしまうためです。

しかし、それってあなただけではなくて。誰しもが感じる感情です。
決して、「行動に移せない自分は、なんてダメなんだ!」なんて思わないでくださいね。

ここで必要なことは、「行動による変化は、その事の大きさ、小ささに関わらず。
誰だって、怖くなるし、不安に感じるもの。」という事実を理解することです。

その上で、
「もし、失敗したらどうしよう。」
「周りに、どう思われるかわからない。」
「自分さえ我慢していればいい。」
と言った、行動や変化にブレーキをかける感情に。ぜひ、「期限」を決めてみてください。
この、「決める。」と言うこと自体がすでに行動です。決めることで、着実に物事は前に進みます。

例えば、
「今すぐ辞めたい、○○な影響があるだろう。いつまでに、○○という変化がないなら、辞めよう。」
「辛いけれど、我慢するべきだと思う。だけど、我慢するのは○○の時期までと決めよう。」
「嫌。仕方ないと思う。だけど、仕方ないと受け入れるのは、○○の時期までにする。」
といった具合です。

もちろん、気持ちの上で。
「今すぐ辞めたい。○○な影響があるだろう。だけど、今すぐやめたい!」と、転職などの行動にスグに移すことが可能なのであれば。それでもいいんです。
「辛い、これくらい我慢するべきだと思う。だけど、既に我慢ならないぞ!」となれば、改善するために今すぐ行動に移すのでもOKです。
大事なのは、「何かを変えたい。」「もやもやを解消したい。」時は。小さくても大きくても。まずは行動!の1歩を踏み出してみるということです。

関連記事

-目次-
①自分の位置を確認する。→済み!
②自分の理想を明確化する。→済み!
③道具(ツール)を使って検証する。→済み!
④目的を達成するための行動をおこす。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事